交通事故の規模と被害者の死亡率の関係

交通事故は地域や時間を問わず、誰もが巻き込まれる可能性のあるトラブルです。特に規模が大きい事故になると被害者が死亡することもありますが、見た目は軽微な事故でも被害者が死亡するケースもあるので必ずしも事故の規模と死亡率は比例しません。

交通事故による被害の詳細を学び、不幸なトラブルに遭わないことを心がけましょう。

交通事故を引き起こす要因の詳細

交通事故は自動車による物損や人身事故を指すイメージがありますが、厳密にはエンジンを搭載していない自転車や荷馬車が関与する事故も交通事故に含まれます。交通事故は多くの場合、加害者側の些細なミスから起こるので地域や時間に関係無く発生するのが特徴です。

また、自動車は高速で移動することから、事故による被害の規模も大きくなりやすい傾向があります。交通事故は加害者側のミスだけではなく、被害者側の不注意や環境による予測不能なトラブルなど様々な要因で起こるので注意が必要です。

交通事故の中でも歩行者が自動車に轢かれる人身事故は被害者が死亡する危険性が大きいことから話題になりやすく、事故防止のキャンペーンも人身事故を第一に取り上げています。歩行者が轢かれる人身事故は車両の速度や大きさなど様々な要因が死亡率を大きく左右します。

同じ速度でも大型の車両であれば衝突する面積が増えるので死亡率が高くなる他、車両に巻き込まれることで更に死亡する危険が大きくなります。また、路面が濡れていたり凍結しているとブレーキをかけてもスリップしてしまい、高速のままで衝突するので死亡率が高くなるのが普通です。

被害者の死亡率は事故の状況で変わるので、事故現場の検証は入念に行われることになります。

車両のドライバーが死亡する交通事故について

交通事故の死亡率は車両に轢かれる歩行者が最も高い割合に位置しますが、事故の状況によっては車両のドライバーも死亡する危険があります。ドライバーの死亡率は車両の種類と速度が大きく関係するのが特徴です。同じ速度による衝突事故でも体が剥き出しになっているバイク事故のほうが死亡率が高くなる傾向があります。

これは事故の衝撃でドライバーが路面に放り出されてしまい、全身を強打する可能性が高いためです。乗用車などの車両は事故の衝撃を受けても車内に留まることが多いので、バイクと比べると死亡率はやや低くなります。しかし、車両の速度によっては乗用車でも死亡率が高くなるので決して安全ではありません。

車両のドライバーが交通事故で死亡するのはシートベルトの不使用が主な原因です。シートベルトは事故の際に乗員の体が反動で吹き飛ばされるのを防ぐ目的で装備されています。交通事故の衝撃はとても強く、人の体くらいの重さの物体であれば簡単に車外に放り出されてしまいます。

そのため、事故の被害を減らすためにもシートベルトの装着は不可欠ですが、見た目が良くないなどの理由で使用率は決して高くないのが現状です。「参考資料:アディーレ法律事務所:事故後遺障害認定

また、ベルトをねじるなどの誤った使い方では事故に遭った際の被害が返って大きくなってしまうので、装着の際は必ず正しい方法で実施することを心がけます。

歩行者の死亡率が高くなる理由

交通事故で歩行者の死亡率が高いのは車両が衝突する際に起こる衝撃が体全体に伝わるためです。交通事故による衝撃は非常に大きく、一般道の法定速度である時速40キロの速さでぶつかった際の衝撃でも高さ約6メートルの位置から落下したのとほぼ同等です。

衝撃によって人体に著しい損傷が生じることが死亡率の高さに繋がっています。車両に跳ね飛ばされ、路面に叩きつけられることで更に強い衝撃を受けてしまうのも歩行者の死亡率が高い理由の一つです。歩行者の側から見ると遠くにある車両の速度が分かりにくく、気づいた時には目前に迫っていることがあります。

歩行者とドライバーとの間で距離感の認識に差異があることが死亡事故を引き起こす大きな要因です。死亡事故の中には歩行者の側に大きな非があるケースも見受けられます。最も多いのが横断歩道以外の車道を渡っている際に車両に轢かれる事故で、特に見通しが悪くなる夜間に頻発する傾向があります。

夜間は周囲が暗くなる他、車両のライトで距離感が掴みにくくなるので事故に遭う危険性が大幅に増大するのが特徴です。また、日中でも街路樹などの遮蔽物が死角になることで歩行者が轢かれることがありますが、歩行者は基本的には横断歩道以外の車道を渡ることは出来ません。

横断歩道であっても青信号が点灯していないと渡ることは出来ないので、交通ルールを厳守するのが事故に遭わないための心得です。

交通事故に遭った被害者が負う生活面の不具合

交通事故は被害に遭った歩行者の死亡率が高い事故ですが、命に別状が無い事故であっても重大な後遺症に悩まされるケースがあります。交通事故による衝撃は瞬間的に伝わるので、事故に遭った直後は異常に気が付きにくいのが普通です。

筋肉や骨、神経の損傷は見た目の状態が回復しても実際の機能は事故前の状態まで回復しないこともあります。その一方で事故の規模が軽微であっても生活に支障をきたすほどの後遺症に見舞われることもあるため、事故の規模と身体機能への影響は必ずしも比例はしません。

また、後遺症が生じても発症は事故に遭ってから日数が経過していることが多いため、交通事故との因果関係を立証するのが難しい問題があります。交通事故による後遺症は見た目では不具合を確認することが難しいことから、根本的に解消するためには長い時間のリハビリが必要になります。

「交通事故にあった方からの臓器移植の可能性について」

交通事故の死亡率を下げるためのポイント

交通事故で死亡するリスクは歩行者と車両のドライバーの両方に存在します。歩行者の側は横断歩道以外の車道を渡らない、車両から見て死角になる所から飛び出さないなどの注意点を厳守するのが死亡事故を避けるための心得です。

車両のドライバーは法定速度を守って運転する他、必ずシートベルトを装着することを心がけます。シートベルトで体を固定させることによって万が一の事故に遭った場合でも死亡するリスクを大幅に軽減させることが可能です。

同乗者にも装着を徹底させる他、乳幼児は専用のチャイルドシートに正しい姿勢で座らせるのが悲惨な事故に遭わなための条件になります。交通事故は誰の身にも起こる可能性があるトラブルなので、日頃から安全の確認を心がけることが大切です。